玄関の中に車イス用のスロープを計画する

道路から玄関の前までの段差は庭や駐車場を利用したり、再計画することで車イス用のスロープを計画することが可能なケースがあります。敷地が狭くスロープを計画することが難しい場合にも、車椅子用電動昇降機を採用することで問題を解決できるケースが多いです。(→車椅子対応!玄関ポーチにスロープを計画する

家の中にも敷居など小さな段差はありますが、家の中で一番大きな段差は玄関にある上がり框部分です。

上がり框分は玄関で靴を脱ぐ風習のある国ならではのもので、靴に付いた砂埃などを室内に持ち込まないように段差が付けられています。上がり框の段差は20cmぐらいの場合が多く、歩いて生活をする人にとっては意識することなく行き来できますが、車イス利用者にとっては大きな障壁となります。

スポンサーリンク
ad(336*280)

玄関の中の段差をスロープで解消する

上がり框の段差に相当する20cmの高さを玄関の中で解消する必要があります。一般的な玄関の大きさは2畳から3畳程度が多いと思います。

玄関の土間部分が玄関ドアから上がり框まで2mほどあれば、玄関ドアから上がり框へ向かう1mはそのまま残し、残り1mにスロープを作ります。スロープは脱輪しないよう玄関土間の一部分ではなく、玄関の幅全体をスロープとします。

少し急な勾配となるため車イス介助者のサポートが必須ですが、これだけで比較的楽に出入りしやすくなります。玄関ドア手前1m部分に平らなスペースを残すのは、一度止まり玄関ドアを開けるための場所です。

上がり框を上がった廊下部分に余裕があれば、上がり框を撤去し廊下側へずらし、土間部分(スロープを作る部分)を確保してもよいですし、スロープの勾配を低くしてもよいです。
車イス利用者が行き来しやすく、同居する人も無理なく生活しやすい玄関となります。

玄関の中の段差を昇降機で解消する

玄関内にスロープを設置したくないという場合には、車イス用の屋内用電動昇降機も候補に入れたいところです。屋内用電動昇降機は屋外用に比べ設置スペースは小さいですが、1.3m×0.9mほどの平らな部分が必要になります。

玄関の中にスロープを計画するときに比べ、車イス利用者一人で出入りできるメリットがありますが、昇降、下降に少し時間がかかる上、屋内用電動昇降機は玄関の一部分を大きく占領してしまうデメリットもあります。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)