パソコンまわりのコンセントの数が足りない!何ヵ所必要!?

パソコンを毎日長時間使用しているエンジニアやデザイナー、ライターやコンサルタント以外にもパソコンを使用して仕事をされている方はたくさんみえると思います。誰もが必ず1度は思うことの1つとして「コンセントが足りない!」ということです。

オフィスで採用されているフリーアクセスフロアであれば、電気やLANが床下に配線されることで部屋のどこにいてもコンセント口やLAN端子がありますし、フリーアクセスフロアを採用する会社はIT関係に強い会社であることも多いです。

問題は自宅です。

201602051000

住宅では1部屋に2口コンセントが2ヶ所計画されることが標準です。会社の仕事を持ち帰って自宅の書斎で仕事をする方や自宅の1室を仕事場としている個人事業主の方には、コンセントが足りません。

スポンサーリンク
ad(336*280)

自宅のコンセントを増設する

ポイント
  1. たこ足配線による危険性を認識する
  2. コンセントが必要なパソコン類の数をチェックする
  3. 机を置く場所を決めてコンセント位置を決定する

最も重要な事は、コンセントを増設することで電源延長コードの使用を減らし安定した電源をパソコンに送ることです。たこ足配線によって起こりやすいトラッキング現象(プラグの隙間に埃が溜まり火花放電が起こる現象)を減らすこと、電源コードを足に引っ掛けて起こるパソコンの故障やデータの消失は致命的になります。

たこ足配線はインテリア的にも見栄えが悪く「片付いていない部屋」と認識されやすいです。

必要なコンセント数を確認する

パソコンまわりで必要となるコンセントの数を確認しましょう。各電子機器ごとが消費する電力(W)が気になる場合は確認しても問題ありませんが、ディスプレイやノートパソコンなどは百数十ワットから数十ワット程度の機器がほとんどです。

常時コンセントが必要な機器
ディスプレイ パソコン(デスクトップ、パソコン)
モデム ルーター(Wi-Fi、無線・有線LAN)
プリンタ 外付けハードディスク
NAS 電話
不定期にコンセントが必要な機器
スマートフォン モバイルバッテリー
タブレット端末 モバイルルーター
カメラ 充電池

多くの場合、パソコンと同時に常にコンセントを使用する機器はモデムやルーターなどを含めて6〜10個程度、スマートフォンなどの充電など不定期にコンセントを使用する機器は5個程度と考えられます。

スマートフォンやタブレット端末などUSB端子を使用して充電できるものは、複数個のUSBポートを持ったUSB急速充電機を使用することでコンセント口の使用数を減らすことができます。およそ1口から2口あれば十分です。

パソコンを使用する予定の机付近に3口のコンセントを4つ並べて計画し、合わせて12口準備したいところです。使用する机が決まっていれば、机の高さに合わせて床面から高さ80cm程度のコンセントを取り付けると扱いやすくなる場合があります。

消費電力に注意したいパソコンもある

ノートパソコンなどは最大消費電力が100W以下のものがほとんどですが、例外として、ゲーミングパソコンや自作パソコンなどは700Wや1000Wなど大きな電源ユニットを搭載しているケースもあります。カラーレーザープリンタも1000Wを超えることが多いです。

1つのコンセントが許容できる消費電力は1500Wです。3つ口コンセントであれば、3つの合計消費電力が1500W以内である必要があるため、コンセントを使用する位置を考えなければなりません。

アース付コンセントを採用するのもマル

通常の機器は二つ又コンセントですが、三つ叉コンセントを採用した機器も出回っています。3本目の丸い棒はアース(接地)であり、ブレーカーが落ちた時や雷が落ちたときの機器故障の抑制や音響関連のノイズ防止などに役立ちます。主に電気が逆流したりしないよう整流する効果があり、機器に優しいものです。

三つ叉コンセントに変換アダプタやコンセントタップを取り付けてアースを使用しない方も多いと思いますが、コンセント増設に伴い、三つ叉コンセントがさせるコンセントを採用するのもよいです。

必要な電気工事はまとめてやった方がお得

家庭のコンセント増設は一般の人には工事をすることができず、電気工事士の資格が必要になります。電気配線工事を行う場合は、コンセント数カ所の増設のみでは工事量が少なく、職人の出張費や人件費、会社の諸経費も含め、割高に感じられると思います。

家の中で別の部屋でコンセントが足りないところはないか、ブレーカーが最近落ちていないか(必要容量が足りているか)、エアコンを新しく取り替えた方が良いところはないかなど、電気に関わる工事をまとめて行った方がお得になります。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)