高い上がり框に式台を取り付けて上がりやすくする

若いうちは何不自由なく使い続けてきた玄関が、ある日を境に「ちょっと大変だな」と思うときが来ます。骨折をして松葉杖を使用した時かもしれませんし、足の関節を痛めた時かもしれません。原因は人それぞれですが、年を重ねて足腰が弱くなるにつれて、玄関を開けて「よっこいしょ!」という声を出してしまうようになります。

木造住宅の玄関は靴を脱ぐ「土間」部分と廊下につながる「床」部分とにわかれます。この高さの差が20cmから30cm程度あることが多く、1段で上がるには高すぎるということです。

201601051733

玄関の段差が上がりやすいように手摺を付けている家も見かけますが、手摺だけでは上がる大変さや足腰の負担はかわりません。

スポンサーリンク
ad(336*280)

式台を取り付けて玄関を使いやすくする

高すぎる段差を解消するためには、土間部分と床部分(上がり框部分)の間に式台を取り付けるだけで問題を解消できます。式台は旅館や立派な和風住宅で使用されることが多く、奥行30cm程度の式台を1段設けることで上り下りが格段にしやすくなり、感覚としては緩い階段を2段上る感じに近くなります。

式台を取り付けるリフォームは比較的簡単な工事で終える事ができることもメリットの1つです。既存の住宅を少しだけ使いやすくできます。

靴を履くために土間にベンチやイスを置く

今まで上がり框に腰を下ろし靴を履いていた方にとっては、式台を取り付けることで靴の脱ぎ着は行いにくくなります。足腰が弱く、かがむ体制が取れない場合は、土間部分にイスやベンチを置いて対応しましょう。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)