車イス対応を目指して!廊下幅を800mm確保したい!

家を新築したときには老後の事まで考えて計画をする方もみえますが、自分自身が車イスの生活を行うことまで計算している方は少ないと思います。福祉関連や建築関連の仕事をしていない限り、車イス生活で必要なスペースや器具もわからないことが現実です。

車イス対応の廊下で必要な幅は800mmと言われています。

廊下の壁から壁までのメジャーで測った幅が800mm(80cm)あると良いと考えています。一般的には780mm(78cm)以上とも言われていますが、廊下に手摺が取り付けられていたり、直角な曲がり角がある廊下、介助者が必要なケースなどでは家の中を動きやすいと思います。

誰もが車イス操作が得意なわけでは無く、できる限り壁にぶつからず移動できた方が負担を軽くできます。

201510090944

一度、今住んでいる家の廊下幅を測ってみることからスタートしてみると良いです。

スポンサーリンク
ad(336*280)

廊下幅800mm足りない家は多い!足りないときは曲がらない廊下へ

廊下幅が800mmある住宅はかなり少ないです。日本の木造住宅の基本モジュールは910mmで、柱の中心から柱の中心までの幅が910mm(91cm)です。使用する柱の多くが105mm角(10.5cm角)もしくは、120mm角(12cm角)のため、柱同士の内側の幅は805mm(80.5cm)〜790mm(79cm)しかありません。

柱が見える日本家屋の住宅であれば廊下の幅が800mmある可能性が高く問題ありませんが、最近の住宅のほとんどは柱をボードで覆い、ビニルクロスなどを貼ることが一般的になっています。

ボードで柱を覆っている場合は750mm(75cm)程度しか廊下幅をとることが難しく、車イスにはあまり適していないと言えます。狭い廊下であっても、車イスを使用する方の部屋が廊下に面すること無く、真っ直ぐに通り抜けるだけであれば問題ないこともあります。

1mモジュールの家は廊下も広い

910mmモジュールの家が現代の生活に合わないところも多いことから、1mモジュールの家も建てられるようになりました。1mモジュールの家は柱の中心から柱の中心までの幅が1mあることから、廊下幅が800mmを超えることが一般的です。

リフォームで狭い廊下を取り払うのも重要なポイント

廊下幅が狭く距離が長いことで車イスでの生活に支障をきたしている場合は、リフォームで廊下を取り払い無くしてしまうことも重要なポイントです。

廊下であった部分はリビングやダイニングの一部分とすることで動きやすくします。廊下を通りリビングやダイニング、個室にアクセスするのではなく、リビングからダイニング、リビングから個室など、部屋から部屋へ直接行き来できるようにします。

狭いところを通る必要がなくなることで車イスでの移動は楽になり、個室やトイレなどの扉の開け閉めもしやすいです。
リフォームで撤去できない柱は残りますが、壁がなくなるだけで通りやすさは良くなります。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)