トレイの床は掃除しやすいクッションフロアが衛生的

トイレは人が排泄をする場所であり、同じトイレを使用する家族などに菌が移ることが無いように衛生的に保つことが必要最低限に求められている機能かなと考えます。

トイレ環境を良くするためのインテリアや臭いを抑えるための対策なども重要ですが、次のステップのように思います。

201509161614

トイレを衛生的に保つためには湿気帯びた状態や濡れた状態を無くし、菌の繁殖を防ぐことです。直接水滴が目に見える手洗い器回りに加えて、古いタイプの便器の場合は水を流したときの飛沫が床に付着することもあります。

スポンサーリンク
ad(336*280)

トイレに最適な床の素材は何?

トイレに最適な床の素材は、床を乾燥した状態を保つことができ、汚れたときには素早く拭き取ることができる素材です。例に4つの床材を上げてみました。

クッションフロア

クッションフロアはトイレに最適な床素材です。床を乾いた状態に保つことができる上に、汚れたときには雑巾や掃除シートで簡単に拭き取ることができます。クッション性があり足に優しく、滑りにくいところも適しています。

クッションフロアは面積当たりの価格が安く、柄も多く選ぶ楽しみがあります。床材としての耐用年数が少ないため、トイレ本体(便器)を新しくするタイミングで床も貼り替える必要があります。

タイル

タイルは昔から日本のトイレに使用されてきた材料です。床が汚れたときには、固く絞った雑巾などで拭き取ります。タイルの弱点は目地です。採用するタイルは小さなタイルよりもできる限り大きなタイルを選びたいところです。目地が汚れたときは塩素系漂白剤を使用する必要が出てきます。

フローリング

フローリングをトイレの床に使用することも多いです。リビングやダイニングと同じフローリングを採用することでインテリアに統一感が出ます。トイレの床にフローリングを使用するときは、表面にウレタン塗装を行い、汚れがフローリング内部に染みこまないようにします。

コルク

コルクは足触りが柔らかで人気の床材です。一般的なコルクタイルの場合は湿気に弱く、ボロボロと崩れてきたり、剥がれてきたりすることもあります。キッチンや洗面脱衣室、浴室などにも使用できる水回り専用のコルクタイルが販売されているため、コルク床を採用したときはこちらのものにする必要があります。

多少高額でも高グレードの床材を採用しても大丈夫

トイレの大きさは他の部屋に比べてかなり小さく、小さければ1畳ほど、大きくても2畳ほどしかない場合が多いです。多少高額な床材であっても、面積が小さいことから見積額としてはビックリするような金額にならないケースがあります。

注意したい点は、リフォームをする時に他にタイル工事がないにも関わらずトイレだけをタイル床にしてしまうと、専門職人の日当が必要になることから高額になります。

他の部屋でフローリングを採用し、トイレにもフローリングを採用する場合において、トイレのフローリングのみグレードの高いものを使用しても見積額としてはビックリするような高額にはならないという意味です。

できる限り同じ職人で対応できる範囲の材料を採用することで、工事金額を下げられたり、予算内で高いグレードのものを選ぶことができるようになります。

リフォームのプランやお見積もりを無料で提案

忙しい暮らしの中でも家にいながら最適なリフォームプランやお見積もりを無料でお作りしています。

あなたの街の複数のリフォーム会社から3つのリフォーム提案が届きます!

数多くのリフォームの見積もりを無料で提案

リショップナビでは550社のハウスメーカーや工務店から一括無料見積もりをすることができます。(見積り無料)大きなリフォームから小さな工事まで、リショップナビの審査基準をクリアした業者のみなので安心できます。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【 リショップナビ 見積もり


スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)