家には寿命があります!

新築したばかりの家はピカピカ光り輝いていますが、5から10年後ぐらいには屋根や外壁、駐車場などが汚れはじめ、10年から15年後ぐらいにはキッチンやエコキュートなどの調子が悪くなり始めます。

高いお金を払って注文住宅をつくったり、建て売り住宅を購入しても、家はメンテナンスフリーではなく、耐えず手入れを行わなければいけません。

201601101821

環境による汚れと設備の劣化

新築住宅を建てた時に35年ローンを組んだとしても、家は建てられた瞬間から汚れと劣化が始まります。自然環境は厳しく、風雨による汚れ、太陽光の紫外線による屋根や壁の劣化は避けられません。インテリアもフローリングの凹み、ビニルクロスの黄ばみや剥がれも起きてきます。

家のライフラインである設備機器も劣化が避けられません。LED電球の故障で電気が点灯しなくなったり、エコキュートやエコジョーズの故障でお湯がでなくなるだけではなく、キッチン、洗面台、ユニットバス、水道の配管など、およそ10年周期で次々と劣化や寿命を向かえます。

使い勝手の悪い間取り

子どもが成長すると子ども室が不要になり、自分自身が高齢になると階段を上がることが億劫になり、バリアフリーの住宅を望むようになります。若い頃に建てた住宅と年齢を重ねてから住みたい住宅には違いがあります。

現在のライフスタイルにあった間取りが一番住みやすい住宅であり、リフォームすることで生活しやすくなります。

悪徳業者にご注意ください

独立行政法人国民生活センターによると「リフォーム工事によるトラブル」が年々増え続けていると同時に、国土交通大臣より指定を受けた住宅に関する相談窓口「住まいるダイヤル」には2014年度、26,136件の相談電話があり、その内36%程度がリフォーム工事による相談と発表されています。

相談内容は多岐にわたり、契約書の不備、工事内容の変更、追加工事金額の請求、工事の遅れなどです。

リフォームのコップより耳寄り情報

リフォームのコップでは、安心安全にリフォームが行える方法をご案内しています。

プロの目線で決められた基準をクリアした業者のみが登録できるネットワークの中から、リフォーム内容に合わせて一括見積りで、良い業者を見つけることができます。

初めてのリフォームでどこの業者に連絡をすればよいか分からない方にはよいと思います。

全国優良リフォーム会社へ無料相談⇒【リショップナビ 見積もり